子宮外妊娠の治療法

子宮外妊娠の治療法というと、どんな事があるでしょうか?

結果として最も単純で確実な処置としては、手術によって胎芽を摘出する事でしょう。子宮外妊娠の場合、残念ながら赤ちゃんの命は助かりません。残念ですが・・・

加えて子宮外妊娠になる胎卵は、染色体の異常など通常とは違う難しい要因があるらしくて、仮に妊卵を保護できたとしても、分娩まで成長する事ができないようです。また、子宮外妊娠の結果として、破裂を起こした場合の痛みは、とても苦痛らしいです。

子宮外妊娠が母体の生死に関わる問題という事を考えると、母体の健康を優先で考えて処置せざるを得ない事を理解しましょう。次に『手術するかしないか』ということと『手術するにしても卵管を残すか残さないか』が焦点になると思います。

もしも全身状態が悪化している!という事であれば緊急事態です。開腹手術をして、卵管を取って、出血したお腹の中をきれいにするしかないでしょう。

子宮外妊娠が検査等で早期発見されて、状態が落ち着いているようであれば次の処置が考えられます。

1. 待機療法 (子宮外妊娠で自然に吸収され治癒するらしい)<全体の1割程度>
2. 薬物療法(MTXという抗ガン剤による治療)
3. 手術(腹腔鏡を使ったりする。状態によっては卵管を残すことも・・・)

このような選択肢があります。どの処置を行うかは、担当のドクターと相談が必要です。また子宮外妊娠の治療に関する費用は、方法により全く異なります・・・
あいうえお経済