子宮外妊娠と卵管破裂

子宮外妊娠と診断された後、最も警戒すべきは卵管破裂と言えるでしょう。簡単に整理すると、一般的に受精卵は卵管を通り子宮内膜に着床する訳ですが、子宮内膜以外で着床すると子宮外妊娠です。この子宮外妊娠の原因は卵管の炎症や奇形、卵管癒着といった理由で受精卵が狭い卵管を通り抜けることができず卵管の中で着床するのです。稀なケースとして卵管以外の卵巣、腹腔とかに着床します。

卵管に受精卵が着床してしまうと、卵管は子宮内膜と違い伸縮性がないので妊娠2〜3ヶ月程度で流産する危険性が高く、要注意の卵管破裂を起こす事があります。子宮外妊娠を経由した卵管破裂は出血が多いケースがあり、生命の危険があります。

子宮外妊娠の症状は、出血、下腹部痛、吐き気そして貧血が基本ですが、これらの症状は生理(月経)と同様の為見過ごすケースもままあるそうです。子宮外妊娠で卵管破裂発症の場合、スグに開腹手術が必要です。卵管を除去しないと出血が止まらず危ないという意味です。そういった危険回避の為にも子宮外妊娠を確認すると、受精卵の着床した卵管の切除、あるいは卵管を残して妊娠組織のみを摘出するケースが多いんです。

仮に卵管を切除しても、もう片方の卵巣、卵管が健康ならば再び妊娠や出産する事は十分可能だと言われているので早い処置で危険を回避するのが良いですね。
あいうえお経済